excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

身近な戦争跡地から

夜になって研究所の端っこにある自転車置き場に自転車を取りに行った。すると、暗闇の中からガサガサッと音がして小動物が出てきた ∑(-□-) なんだ、あれは!!一瞬驚くも、さらに歩を進めるとその小動物は逃げる!!自転車置き場の裏には小さな森があるのだ。いや正確に言えば島がある。私が立っているところは埋立地なのだ。

その島はまわりを削られ、そびえたつように壁をつくっている。近づいてみると仏様のような絵が描いてあるコンクリートの壁が見える。入口をふさがれたトンネルのようだ。ここは戦時中は防空壕として使われてたいたという。まわりには軍の司令部(?)とか滑走路とかがあったらしい。なんだか不穏な場所である。

「現代人だって大変なんだよ」とつぶやいてみるが、戦時中を思うとやはり今のほうがラクかなとすぐに前言撤回・・・。毎日必死で生きてるには変わりないのだけれど、死と隣り合わせというわけでない。やりたいこともできずに戦火から逃げなくてはならないなんて、想像を超えている。

昨日は夜中に”プロフェッショナル”が再放送されていた。紛争地域での武装解除をする人が取り上げられていた。強い使命感を持って生きているのだろう。無駄には生きていないんだなぁ。
[PR]
by cony_keyco | 2009-04-28 21:15 | general | Comments(2)
Commented by (ぐ)こと のざき at 2009-04-29 00:02 x
追浜といえば海軍空技廠と横須賀航空隊ですからね。
プチ廃墟マニアや軍ヲタとしてはちょっと羨ましい気がします・・・(^^;
Commented by cony at 2009-04-29 23:51 x
(ぐ)さん、さすがです!それ以上の情報はありませんorz
でも今は見る影もないんじゃないかしら~。当時は滑走路だったとか言われると「なるほど~」と思いますけどね。
<< イベント@札幌 腱鞘炎だった >>