excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

宇宙学校

的川さんがNHKの番組に出ていたので、宇宙開発の話か?と思っていたら、子どもたちの教育の話だった。理科離れを食い止めるために、宇宙教育をしようということだそうだ。その名も宇宙学校。

的川さん曰く、このイベントは、過去に開催したイベントに来た子どもの不登校が直ったというストーリーを背景にしている。
不登校の子どもとその母親がコンサートで木星を聞いた。その帰り、空に木星が見えた。そこで母親は星に関する話を新聞で読んだことを思い出す。家に帰り、新聞を見ると、それは宇宙学校の宣伝記事だった。そこで、その親子は宇宙学校に参加することにした。
宇宙学校で、こどもは最前列にすわり、身じろぎひとつしないで3時間の間聞き入っていたそうだ。そして、その帰り道、お母さんに「明日から学校へ行くよ」と言ったそうだ。その子は1年間全く学校に通わなかったので、それを聞いた母親は驚いた。しかし、その後、その子は皆勤で学校に通ったそうだ。その子にとっては、宇宙学校への参加が、勉強へ機動力のとなり、将来、「宇宙学校の講師の先生のようになる」という夢をもって勉強しているのだそうだ。

的川さんの話の趣旨は、この話をうけて、子どもたちに宇宙への夢と勉強する意欲を育てようというものだと思うが、はからずも具体的なエピソードに感動してしまった。

私もこの手のイベントには何度か行ったことがある。10年くらい前だが、たしかに子どもたちの関心は高い。入場券が抽選でなければ手に入らないほどだった。理科への関心を引く第一歩としてよいきっかけになるだろう。

この宇宙学校は毎年、東京、相模原、その他(持ち回り)で開かれているらしい。
http://www.isas.jaxa.jp/j/snews/2004/0209.shtml
相模原には研究所があるから。

雪氷学会でも子ども向けイベントをする。
http://www.seppyo-shukan.com/
私は、行けないかも知れないが、こちらもたくさん集まってくれるといいなあ。
[PR]
by cony_keyco | 2005-09-21 19:09 | event
<< red train 五感に訴える >>