excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

学会2日目( ..)φメモメモ

今日2日目は、ほとんど気候モデルのセッションを聞きにいっていた。




午前中はいろいろなモデル比較の話が多かった。あとでHさんに聞いてみたら、いまは一つのモデルをつかってみましたーって話では不十分で、いろいろなモデルで誤差を比較するというのが多いらしい。なるほど。チェコのおじさんのプレゼンがあり、どうやら大御所らしく、彼のときに一気に聴衆が増えてた。

今日はF4のKさんおプレゼンもあった。スライドきれい~!英語うまい~~!すばらし~~。でもいまいち話についていけず。。。大まかなとこしか分かりませんでした。ごめんなさい。

sttさんの話は身近な話題だったし、ちゃんと話を追うことができた。モデルで分かるところがはっきりしてて分かりやすい内容だったからかも。私には土地勘のある話だったし。自分の研究にもかなり参考になりそうなので、これからは意識して情報収集しようと思った。運よく、そのあとに彼と話すことができて、少し情報交換。こちらの研究にもいろいろコメントくれたけど、違う分野のひとなのに、さすが目の付けどころがイイ!できれば共同研究したいっβ

午後もモデルの話。こんどは対象が凍土や積雪。こういう話は直接的に参考になる。凍土は、鉛直プロファイルも計算してたなぁ。積雪はやっぱり難しいんだなと思う。かなり空間分布の差が激しいからねぇ。。。

今日もポスターがあり、有名なMunroせんせーを見に行ってみた。チョー大御所だけど、思ったより若く見える。しかし、本人も言ってたけどかなりマニアックな話。氷河の上の大気がどーのこーの。重力風(重みにより、斜面を空気が流れることによる風)が、気象学的にどういう状態で吹くかということを詳細に調べていた。もともとこういう研究やってる人で、私なんてぜんぜん追いつかないので、彼から直接教えてもらったというだけでも、ありあたやーという感じ。

ついでにその隣のひととも話してみる。アラスカのバローというところで積雪の中の空気と大気との物質交換の話。温暖化の話と結びつくらしい、一般的に考えるより影響は小さいと思うけど。極域でこういう観測をした例はないみたい。精度はまあまあだけど、簡単に観測できるってのがいいところだそうな。分析はガスクロマトグラフィーで。tチューブがポリカーボネイト(だっけ?うろ覚え)なので、アルカリ性の雪でないとつかえないと言っていた。それってー。。。(--:) まあサンプルとるのは私でもできるかも、と思うので、やっぱり簡単さがウリだろうか。

なんだか今日はめちゃめちゃ疲れましたorz 腰が痛い。。。イタタタ
[PR]
by cony_keyco | 2009-07-22 16:02 | general
<< まだまだモントリオール 「あわせて」に登場のペンギンさん >>