excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

研究室運営 (社交編)

久々にボスと”さし”で話をした。研究の話もいろいろしたけど、分野がかぶりすぎてて彼には未だ勝てないorzという印象をいつも持ってしまう。。。orz

雑多に意見を求められたので、研究室(というのか?)の環境が悪いとか、研究員どうしのコミュニケーションがイマイチなどいろいろと言ったら、一部検討してくれそうだった。



北海道にいるころから、研究室のコーヒータイムというのにあこがれていて、一時期は実施しようと思っていた。コーヒータイムは私のオリジナルアイデアではなく、そもそもはヨーロッパの大学をいくつか訪問したときにいい時間が流れていて、彼らも「この機会にちょっと話ができるからいい」と言っていた、ということに由来する。実際、学会のコーヒータイムとか、ちょっとした雑談は、研究者にとってのブレインストーミングの時間、だと思うんだけどね。ところが・・・、自然にできる研究室もあるし、やろうとしてもできないこともある。できない理由はと考えると、場所がないことと、集まりたがらない人が多いという二つの理由があると思う。

というようなことをボスに話したら、「(彼が)以前いた大学ではそういう雰囲気があった。みんなが自然に集まって食べたり飲んだりしていた」と言う。「冷蔵庫があって・・・ん?」なんだろうと思ったら、「そうか、冷蔵庫があればいいのか!(ぽん!)」ということになり(^^;)、今度の所内引越しの際には冷蔵庫を導入することになった(ほんとかな?)。

昨年はこの時期に観測写真をみながら呑み会をするという教育的な(?)イベントを何度か実施したのだけれど、今年はいろいろ忙しくて未だ実行できず。実行しないうちに忘年会シーズンが来てしまう~ヤバイ。。。(--;)

さて、そのすぐ後にちょっとした打ち合わせがあり、ついでに先日の弊社広報誌の私の記事についてコメントされた。「あれはconyさんの写真集みたいだねぇ」と。「???」と思ったら、写真が多いということらしい。「いや、あれはアレでいーんです!」と言ったら、実は文句を言いたかったのでなくて「自分も出したい」ということだったらしい(^^;)。一時はテレビに出るのも嫌がっていたのに・・と思ったけどいい傾向かも。
宣伝しなきゃしょーがない! 
[PR]
by cony_keyco | 2009-11-16 21:12 | general
<< エゾモモンガ4匹捕まえたら ニューイヤースクール >>