excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

Ph.D取得って簡単なのか?

たくさんの資格を持っている人など、「この人いったい何歳なの?」ていうことあるけど、何年ぐらいでいくつの資格をとれる計算なのだろう???以前、テレビで脚本家鼎談を見ていたとき、「ハケンの品格」を書いた人が「これだけ資格を持つと100歳くらいになってしまう」と言っていた。あれはどういう計算なのかな?

資格の数は一つ一つの難しさにもよるんでしょう。Ph.Dというのは資格かどうか分からないけど、取得するのに時間がかかるものの一つではあるのではないか。同様に、MBAも難しいといわれる資格の一つでしょう。もしかすると、経済学などでは両方を持っている人が多いのかもしれないけど、実際両方が書いてあるというのは初めて見た。

M氏が赴任した研究所で(なのか関連機関で、なのか?)働いているこのオーナー、MBA, Ph.Dだそうな。
patagonialearning.com ←このサイトの#our team"に載っている。

彼女、一体何歳なのだろうか?いや、ただ優秀ってことなんだろうけど、それにしても。。。

ここで働いてるうちの二人には私も観測でお世話になったのだが、当時はあまり意思疎通が図れなかった。いまではかなり英語が上達しているそう。こっちもスペイン語でも勉強しないとっ。

彼ら二人はともかく、このオーナーはすごいんじゃないか?博士供給過剰という現実から想像はできるが、いまや博士というのは様々なギョーカイで意外と多いのかもしれない。彼の以前の職場(H大)の某プロジェクトでは、事務のおぢさんと、おねーさんが博士だったそうな。はぁ。。。

それとは話は別だが、彼が現在所属する研究所は、(曰く)あまり大きくないにも関わらず、専属ジャーナリストが配属されているらしい。欧米はやはり広報・普及に力を入れているというべきか。こういうギョーカイでも博士が活躍できるんじゃないか?
e0062098_233305.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2010-05-01 23:01 | general | Comments(0)
<< penguins on the... 氷河 >>