excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

洞察力?

訳あって、今日は病院に行った。
そこで、思ったこと。腕のいい医者は患者とのコミュニケーションもうまい。検査などしていても、患者がどう感じるかわかるみたいだ。
学校の先生や、科学者の話と通じるところがある。


CoSTEPではメーリングリストなどが活発に活用されていて、盛り上がっている。ちょっと目を離すとついていけなくなりそうなくらい。ブログをつけている人も多いようだ。私のブログは”ちょっとやってみるか~”というノリで始めたので、無駄に作っている感じがして、反省してしまう。


昨日テレビでみた話を一つ。
某局の”課外授業 ようこそ先生”で、若田光一さんがでていた。宇宙飛行士訓練を母校の子どもたちが体験していた。狭い空間で白いジグソーパズルをするとか、言葉だけ使って相手に写真を説明し、相手はそれを絵に描き起こすなど、こどもたちはとても楽しそうだった。大人がやっても十分楽しめそうだと思った。

その、楽しめる理由は、”あのプログラムが十分に練られたものである”という理由もあるのでは?と思う。訓練を受ける側が何を考え、何をしなければならないか、この訓練は何を目的にしているか、などが明確である。


他人に何かやらせるには、自分はその周辺も十分見通せていなければならない。それが分からなくて、中学生の頃に苦労した。何か頼んでも、思うようにやてくれないなぁと思った。自分だけが分かったつもりになっていたり、相手が違う感じ方をしていることに気づいていなかったのだろう。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-13 19:20 | science
<< 住宅の有り様 住民票 >>