excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

トークイベントに行ってみる

遠藤さんという東大のきょうじゅが、「東大夢教授」という本を出版し、新宿のジュンク堂書店でトークイベントがあるというので、行ってみた001.gif

e0062098_1603982.jpg

遠藤さんは獣医師でもあり、動物の研究者でもあるそうなのだが、私は、博物館の研究者だと思っていた。というのは、5~6年前に札幌であった国際学会で遠藤さんの基調講演のようなものを聞く機会があり、その時の遠藤さんの所属が科博だったから。しかし、気が付くと彼は京大に移っており、今回の出版で東大に移ったことを知った。

夫が遠藤さんを知っているというので、それでは行ってみようということになったわけ041.gifだが、なぜか私が本を買い、夫が先に読んで、二人でトークイベントに行くというのは、なんだか不公平な気がするが、話のポイントはそこではない。


トークイベントはジュンク堂書店のカフェで行われ、定員40名、予約制だった。
ジュンク堂では毎週のようにトークイベントが行われているらしく、それも、新しく出版された本に関係している。

今回の参加者は、遠藤さんのお知り合いが多かったようだけど、ラジオのニッポン放送アナウンサー上柳さんとの掛け合いということで、だれでも聞いて楽しめるような内容になっていた。いや、だれでもというより、本を買う程度のファンならば、、という条件付かも。

聞き手のアナウンサー上柳さんとは長い付き合いというだけあって、やととりがどんどん進む。いや、上柳さんがうまいんだと思うんだけど。。。
話は脈絡なく進んでいるようで、予定通りの進行だったようだ。本の*章に+++ということが書いている、というエピソードに基づく掛け合いだった。

遠藤さんの話で「うんうん」とうなづいたところは、上柳さんが「**って、++ですけど、どうなんですか?」という質問に対して、遠藤さんが「う~ん、**って、++なんでしょうか?違うんじゃないかな~」という会話。わたしも以前取材などを受けた時にそういう答えを返してしまったことがある(そういう答え方で良かったのかなと思ったので)。ちょっとおかしいけど、そこは疑問を呈さずにはいられないよねーって思う。

逆に「へ~~~っ」って思ったところは、動物の研究をしている遠藤さんは、調査に行く際にターゲットをあまり絞らないらしいってところ。物理系とは違うのか~、、、っていうか、自分、物理系だったのかと実感(^^;)
面白いものを見つけたら見逃さないようにするとか、そもそも何が面白いのか考えるっていうところは同じなんだけど、やはり狙ったものをとりに行ってしまうし、ひとつの方向へ研究をまとめようとしてしまう。でも、遠藤さんのパンダの研究も、ハリネズミの研究もそうではないようだ。


『東大夢教授』 遠藤秀紀
リトルモアブックス



夫の手に渡って以来読んでないけど、そろそろ手にしてみよう。






<おまけ>
新宿と言えば老辺餃子ぢゃないでしょーか?帰りに餃子を食べてく。
e0062098_12388100.jpg

中華の中でも 江蘇 > 蘇州 という系統だそう。
e0062098_1238718.jpg

041.gif
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-22 12:34 | general
<< ウラジオストック おうちで飲み会 >>