excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

理系女子です。

しばらく前に、「リケジョ」という雑誌に載りました。
この雑誌は会員購読制で、無料だけど、対象が女子中高生(?)とその保護者に限られてるみたい。

記事の内容は、今の仕事は?とか、受験勉強の方法とか、どうやって進路を選んだとか、理系に進んだのはなぜ、どうやって?とか、、、。
意識的にこの道に進んだのは確かだけど、「まずは理系に」って訳ではなくて、職業が先だったわけですよ。漫画家になりたい子とか、先生になりたい子とか、いろいろいて、そんな選択肢の一つだったんだよね。

インタビューのライターさんたちと話しているうちに、なるほどな~って思った。みんな、自分の経験に不思議に思わないけど、周りから見ると不思議なことってあるわけだ。なぜこういう道を選んだのか?ってことが不思議に見えるようだ。
インタビュー中に何度か、「親に反対されなかったのか」、と聞かれた。反対されたこともあるし、反対されなかったこともある。たしかに、うちの親は多少ゆるかったけど、我慢せざるを得なかったことも、不可能だったことも、無いわけじゃない。限られた環境の中で生活しなきゃならないってことはある。

ありがたいことに、今は好きな仕事ができて、自分としては楽しい生活を送ることができている。それは、周りの人のお陰でもあり、運でもあり、自分の強い希望もあると思うのです。

もし私がいま中高生だったとしても、まず理系とか文系とかを選ぶのではなくて、自分の希望を叶えるためにはどういう進路を選んだらよいか、ということを考えたいなあ。
[PR]
by cony_keyco | 2011-09-16 23:04 | general
<< 夏は夜、秋は夕暮れ、その間 この数日間、 >>