excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

IDほか

インテリジェント・デザイン
の話は科学雑誌Natureで知った。アメリカ(だっけ?)でかなり盛り上がっているところもあり、でも同じ地域に蔑視している人もいる。かなり論争があるようだ。
進化論を信じていると、こういう考え方はオカルト調に見える。実際、私はこれを知ったときには、なぜこんなものがNatureで取り上げられているのだろうと、とっさに思ってしまった。
しかし、”5号館...”さんのいうように、(もしくはhillbridgeさんの言うように)こういう考え方の人を無視してはいけないのかもしれない。一つ考え方だけが正しいと信じてしまうほうがアブナイのかもしれない。私はさっぱり理解できいし、まだあまり信用していないけれど、これからも彼らの活動を追って見ていこうと思う。そのうち、なんとなく理解できるかもしれない。




別の話だが、日本の教育は昔から”読み・書き・そろばん”といわれるように、基礎的な技術(?)が重んじられてきた。11月のサイエンスカフェは(私はいけないだろうが)フィンランドの理科教育についてである。フィンランドでは小さいうち(小学生)から、フィールドにでて考えたり、科学的概念を教えたりする点で日本と大きくことなるようだ。
日本は、洞察力という点で伸び悩んでいるので、このような長期的な視点で教育する方針を持って欲しいと思う。それには、家庭や学校の意識という点もあるが、日本の教育界の意向も大きいと思う。教育制度、方針を考える方々にも参加してもらい、考えてほしいと思う。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-27 17:26 | science | Comments(1)
Commented by stochinai at 2005-10-27 22:21
 トラックバックありがとうございます。病院の中でもネットでつながっていると少しは心強いですか。出てきたら、今度はリアルでも話し合ってみたいですね。

 お大事に。おやすみなさい。
<< 六日目 二日目 >>