excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

いろいろあった昨日

昨日はいろいろありすぎて、書けずじまい。今日になって昨日のこと

-----
午前中は病院へ。入院中同室だった人と会い、昔の友達に会ったような気分。ついでにそのだんなさんともお話してみたら、意外と口数の多い人だと判明。びっくり。
私の病気もなおったらしく、普通の生活をしてよいとのお許しがでた。でも、まだ瞳孔開いてるし、目が引っ張られるような感覚が抜けないんだけれど。。。
病院にはどこかのTV局(?)が来ていた。大きなカメラをもっているわりに、おとなしい人たちだった。TVの取材といえば、どやどややって来て好き勝手に行動していくイメージだったが、病院ともなると違うのだろうか?私を担当している先生が取材をうけたのかどうかは分からなかった。彼はいつものように”サイボーグ009風の白衣”を着、さわやかな感じを醸し出していた。(いつもフレッシュでパワフルな感じだから、私はこ先生が担当になってくれたことをラッキーだと思っている)

大学に向かう途中で、近くの研究室の学生と会った。”みんたる”でCoSTEPのことを聞いたらしく、興味をもったようなので、HPを見るように薦めた。彼は、CoSTEPのことを知らなかったようだ。そうだよなぁ、私も締め切りの日まで知らなかったし。

メールをチェックしたら、MLに投稿された中に、ジャーナリストからのメッセージがあった。オーストラリアのサイエンスマガジンに書くための情報を提供してくれというものだった。私の分野外なので提供できないけど、そんな人がいることが分かって、こっちが情報提供された感じ。

午後、延滞していたCoSTEPの代金を払いに行く、(すみませんでした)
ついでに博物館の2Fを見てこようと思ったら、冬時間で閉館間際だった。ちょうど、旅行者の人に会い、エンレイソウでお茶することに。札幌ツウの方で、かなりくわしい。その後一緒にラーメンを食べる。そしてコーヒーまでご馳走になった。初対面のひとにどうしておごってくれるんだろう?なんて思ったけど・・・つまりそういう人だ。何をそんなに話したかというと、その人の息子さんの話題から始まり、その人のこれまでまでの人生やら、私の職探しのこととか、・・いろいろ。話題が尽きないことに驚いた。その人は、何事にも自分の考えをしっかり持っているようで、あらゆることに自分の主張があることがすごいと思った。
それと、ここの掲示板で、広島男子というハンドルネームで書いたら、反響があったという話をしていた。”創立20周年記念式典”で”冒頭に「広島男子」からの熱いメッセージを読み上げ”られたらしい。ものすごい影響力ぢゃないですか!?
[PR]
by cony_keyco | 2005-11-18 20:42 | general | Comments(0)
<< 博物館で バリアフリーとは >>