excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

サイエンスカフェ関連イベント

CoSTEP ワークショップ
サイエンスコミュニケーション・ワークショップin Sapporo
―イギリスと日本の現状と展望―



ワークショップⅠ「サイエンス・エンゲージメントの手法」
2006年1月23日(月)18:00~20:00
北海道大学 情報教育館3F スタジオ型多目的中講義室

提題
トム・シェークスピア (ニューカッスル大学、イギリス)
 「市民法廷」とOrdinary Ethicsプロジェクト
渡部麻衣子(市民科学研究室、東京)
 「市民科学研究室の活動」


ワークショップⅡ「サイエンスカフェ:イギリスと日本の経験」
2006年1月24日(火)16:30~19:45
北海道大学 学術交流会館 第一会議室

提題
開会挨拶・ワークショップ趣旨説明 16:30-16:35
トム・シェークスピア(ニューカッスル大学、イギリス)16:35-17:00
 「イギリスにおけるサイエンスカフェ」
三上直之、岡橋毅(北海道大学・CoSTEP)17:00-17:25
 「サイエンスカフェ札幌の実験」
福西浩(東北大学)17:25-17:50
 「東北大学サイエンスカフェの活動」
     休憩 17:50-18:00
佐々義子(くらしとバイオプラザ21、東京)18:00-18:25
 「バイオカフェ」
伊藤真之(神戸大学)18:25-18:50
 「サイエンスカフェ神戸」
中村征樹(東京大学)18:50-19:15
 「カフェシアンティフィーク東京の実践と国内外サイエンスカフェ調査」
総合討論 19:15-19;45


使用言語:日本語、英語(通訳つき)
申し込み手続き:会場準備の都合上、メール等でワークショップⅠ、Ⅱのどちらに(あるいは両方)参加されるかをお知らせいただければ幸いです。なお参加費は無料です。

主催:CoSTEP(北海道大学・科学技術コミュニケーター養成ユニット)
コーディネーター:石原孝二(北海道大学)、岡橋毅(北海道大学CoSTEP)

お問い合わせ・お申し込み先:〒060-0810 札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット事務室
電話 & Fax:011-706-3276 Email: workshop@costep.hucc.hokudai.ac.jp (ワークショップお問い合わせ・申し込み専用アドレス)
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-09 16:02 | event | Comments(0)
<< 知らぬがほっとけ 大雪去って >>