excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

土曜市民セミナーに行きました

北海道大学総合博物館の土曜市民セミナーに行きました。

スピーカーは館長の藤田先生(博物館ではスタッフは先生と呼ばれるようです)。彼の話はほとんど聞いたことがなかったので、今回は専門の話でもなかったけど、ちょっと楽しみだった。始めに博物館のT先生が藤田先生を紹介した。私は良く知らなかったのだが、館長になるにふさわしい経歴なのかなと思った。(違うタイプの館長が求められる場合もあるけど、それは置いておいて)

今日の話は、北大の歴史、クラーク先生について。クラーク先生生誕180年だそうだ。北大に長くいる人はあまり北大の歴史に興味がなく、外から来た人の方が熱心だという話。私もあまり興味がない。札幌農学校とか開拓使教育所(だっけ?)という話がでてきた。

途中、クラーク先生による札幌農学校の始めの挨拶の話で、「聞いてみたいですよね」と言っていたので、録音があるわけでもないし・・・と思っていたら、スペシャルゲストがいた。クラーク先生の玄孫(5代目)だそうで、北大に日本語を勉強しにきた留学生だ。彼に原稿を読んでもらった。彼を呼んだ別の理由は、ニューイングランドの特徴ある英語で読んでほしかったかららしい。

今日の話はとても長くて、私は用事があったので1時間半くらい聞いて帰ってしまったが、多くの人は最後まで聞いたようだ。ちなみに参加者は8割以上が高齢者だったと思う。
[PR]
by cony_keyco | 2006-04-08 20:25 | general
<< 初めての日本語は 未来館、がんばってる >>