excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

国立科学博物館の南極展

国立科学博物館でまた南極展がある。
以下、転載します。

--------------------------------------------------------------------------------
【特別展「ふしぎ大陸南極展2006」】

 1956年11月に第1次南極観測隊が観測船「宗谷」で出航してから本年で50年目を迎えます。本展は日本南極観測50周年を記念し開催されるもので、未踏の地であった南極点を目指した探検の時代から、地球環境の変化を知る上で重要な現代の観測までを、当時の資料や映像などでご紹介いたします。

・ふしぎ大陸南極へ
・探検の時代
・観測の時代
・オーロラ
・南極の生きもの
・隕石からのメッセージ
・南極大陸のなりたち
・地球環境の窓
・南極ショップ

[会場]:新館地下1階特別展会場
[会期]:7月15日(土)から9月3日(日)まで
[開催時間]:午前9時~午後5時
(毎週金曜日は午後8時まで。入館は閉館の30分前まで。)
[休館日]:会期中無休
[主催]:国立科学博物館、国立極地研究所、朝日新聞社
[後援]:文部科学省、外務省、環境省、防衛庁、気象庁、海上保安庁、 国土地理院、情報通信研究機構、東京都教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会、埼玉県教育委員会
[特別協賛]:キヤノン株式会社
[協賛]:KDDI、大日本印刷、ミサワホーム、島津製作所、日本コカ・コーラ、NEC
[協力]:日本航空
[学術協力]:下関市立しものせき水族館海響館、白瀬南極探検隊記念館、 豊田市郷土資料館、日本極地研究振興会、羽咋市歴史民俗資料館、北海道大学植物園・博物館、 稚内市青少年科学館、オーガスタナ大学、モナッシュ大学、北辰光器製作所
[入館料]:一 般・大学生/当日1,300円(1,100円) 
 小・中・高校生/当日600円(400円) ※()内は前売り、20名以上の団体
 金曜限定ペア得ナイト券/2,000円(午後5時から午後8時。入館は午後7時30分まで)
 ※2名同時入場/男女問わず
[問い合わせ先]:ハローダイヤル03-5777-8600
[ホームページ]:
  http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/south-pole/index.html
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by cony_keyco | 2006-06-22 12:52 | event | Comments(0)
<< wakuwaku感 若者はセンスがよいのかも >>