excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

山崎直方旧宅公開

山崎直方といえば立山の山崎カールですかね。
山崎直方(やまさきなおまさ)は日本で氷河地形についての論文を初めて書いた人...だと思う。明治35年に出版された地質学雑誌第9巻に掲載された。
(私は大学4年生のときにその論文を探してみたのだけれど・・・・・難しすぎる。何がって?日本語が!日本語ジャナイヨ~コレ。。。って感じ。)
その旧宅が一般公開というニュース。マニアックだな~。
この記事では、家に研究に関するものがあるのかどうか分からない。ただ、現代にありがちなマンション問題と絡んでいるようだ。。。

=====
小石川山崎家旧宅一般公開(11月25日)のお知らせ
 
日時;2006年11月25日(土)午後1時~5時
場所;文京区小石川5丁目19-29 (地下鉄茗荷谷駅の北北東約250m;徒歩4分)
 どなたでも参観いただけます。また、当日はいろいろなイベントも用意しております。どうか、ご家族揃ってお出でください。
--------------
 文京区小石川5丁目の湯立坂界隈(地下鉄茗荷谷駅から徒歩2分)は、国の重要文化財に指定された旧磯野家住宅や、大正期の洋館などがあり、緑と文化財に溢れた一角となっております。
  現在、その重要文化財建物に隣接した土地に、重文建物からわずか数メートル(!)のところに14階建てのマンションを建設する計画が持ちあがって、困った問題になっております。
 私たちは、今回、この一角にある、大正中期に建てられた山崎家の旧宅(洋館)を一般公開していただく企画を立てました。文京区小石川5丁目19-29にある山崎家旧宅は、わが国の科学的地理学の祖、東京帝国大学教授の山崎直方(やまさき・なおまさ)氏が、大正中期に建てた和洋折衷住宅です。当時の和式住宅の部分の多くは、残念ながら、その後取り壊されたため、現在、応接室、執務室、書庫、客室などの洋風建築部分と、和室数室とが残されています。
 学者らしい重厚な造り付けの本棚、おしゃれなステンドグラス、寄せ木のフローリングや、分銅を使って開閉する窓など、大正中期の富裕な専門職階層の住宅の特徴を、かいま見ることができます。2階の喫煙室からは、南側にある国の重要文化財(旧磯野家住宅、通称「銅御殿」)を展望することもできます。


お問い合わせ:湯立坂マンション問題を考える近隣住民の会  
連絡先電話・FAX:03-3944-5934
住民の会サイト http://yudate.s201.xrea.com/ 
関連サイト http://www.geocities.jp/akaganegoten/
=====
[PR]
by cony_keyco | 2006-10-30 13:09 | event | Comments(0)
<< 次回ペンギンカフェ[準備中] いまさらながらインパクトファクター >>