excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

シエスタをとってみよう

今日は日曜日だというのに朝からバリバリ働いていたので、昼食後に
シエスタにしたら、そのあとはさっぱり仕事にならなかった。なんだか
体がだるいー。

ところで、このシエスタという習慣はとても便利なものだということに
チリに行ってみて気がついた。シエスタというのは(もともとスペインの
習慣なのだろうか?)昼食後の昼寝の時間である。
シエスタのあとにまた仕事をするので、当然就業時間は遅くなる(7時とか)、
夕食も遅くなる(9時とか)。夕食が遅いからなのか、大抵は昼食が一日の
うちで最も量の多い食事、夕食は簡素なものであることが多いらしい。
(もちろんチリでも田舎/都会の違いや、職種によってだいぶ違うようだが)

これをデメリットと考えて、他の国々と同じような生活時間にしようという
動きがあるとどこかで聞いた(たしかラジオ深夜便だったかなあ)。
しかし、午前中や午後にきちんと働くこと、昼食時のコミュニケーション
などが人間関係を円滑にしているようにも見える。

シエスタは強制されるものではないので、その時間に働いていても文句は
いわれない。そういう広い視野で対応することが大事だと思うし、従わない
人も認めるという態度はとても心地よい。

チリでは国民の常識というか、みんなが目指している方向性のようなものが
あるのではないかと思った。日本は最近、個々人の生活スタイルがとても
多様で(大学にいるからそう思うのかなあ?)、多様性が尊重しすぎて
日本的な普通さが何かわからなくてなっているような気がする。
そーんなことを思ったのだった。
[PR]
by cony_keyco | 2007-01-21 21:55 | general
<< 女性研究者支援室のwebページ... 1月のペンギンカフェ >>