excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

博物館教育に関する国際シンポジウム

転載します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
国立科学博物館・国際シンポジウム 【開催告知】
「Museum Communication 連携・協働する博物館 ~教育機関との連携を中心に~」
―――――――――――――――――――――――――――――――――
科学技術に高度に依存する現代社会を持続可能とするために、人々の意識、
知識、技能を総合する「つながる知の創造」を実現する学習の場の重要性は増
大しています。本シンポジウムでは,対話型科学技術社会におけるつながる知
の創造の場として博物館をとらえ、将来に向けた連携・協働活動を支えるシス
テム、人材養成のあり方について総合的な視点から議論を深めます。
◇2月23日(金)1日目テーマ
「博物館と社会の様々なセクターとの連携による持続可能な科学学習」
◇2月24日(土)2日目テーマ
「地域の科学学習を支える人材養成」


《開催日》2007年2月23日(金)、24日(土)
《会場》国立科学博物館 日本館2階 講堂(東京都台東区上野公園7-20)
《参加費》1000円(懇談会は別途4000円)
《対象》教育関係者、博物館関係者、この分野に関心をお持ちの大学生以上の方
《言語》日本語、英語 *日英同時通訳付き
《お申込み》
オンラインフォーム、メール、FAXにてお申込みいただけます。
締切は2007年2月16日(金)です。各日とも定員(100名)になり次第締め切らせ
ていただきます(締め切り後も定員に余裕があれば受付いたします)。
開催プログラム、お申し込み等の詳細は下記ホームページをご確認ください。
http://www.the-convention.co.jp/mc-sympo/


【お問い合わせ】
国際シンポジウム運営事務局
〒107-0062 東京都港区南青山2-6-12 アヌシー青山2階
(株)ザ・コンベンション内
TEL:03-3423-4180 FAX:03-3423-4108


[主催]独立行政法人 国立科学博物館
[後援]文部科学省(予定)、日本博物館協会(予定)、
全国科学博物館協議会(予定)、日本科学教育学会(予定)、
日本ミュージアムマネージメント学会(予定)、ブリティッシュカウンシル(予定)
[PR]
by cony_keyco | 2007-01-25 11:28 | outreach | Comments(0)
<< 「南極地域観測事業開始50周年」発行 図書館でスノーランタン >>