excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

分籍

最近は電車に乗る機会が多いので、yomyomという本を持ち歩くようにしていた。この本はいまのところvol1 と2の 2冊が出版されている。小説がたくさん詰まった雑誌という感じかしら。

”2”の中にあった小説のひとつに、こんな話があった。
---
主人公が前科がある30代女性。服役して出てきて1-2年(?)たったところ。家族からは勘当され、連絡がつかない。ある時、弟が主人公の家にやってきた。要件は、弟の結婚に際して。
弟は仕事上重要な取引があるところの人と結婚する。先方に前科もちの姉がいることを知られたくない。これまでは連絡もとらずに、彼が一人っ子ということで通してきた。結婚する際に戸籍から明らかになると困るので、抜けてほしいとのこと。その際、分籍という制度があり、戸籍を分けるという方法があり、それを使うということだった。

主人公はどうしても戸籍から外れたくないと言う。連絡がとれないのは今までと同じなのだが、「家族と同じ戸籍ではなくなる」ということが、「家族でなくなる」ということのように感じられたのだろうか?
結局、彼女の言い分はどうしても通らず、否応なしに分籍の手続きが進む。戸籍がちがっても、「血のつながりは消えないんだよね」、とか、「小さい頃の思い出を両親は覚えてくれているのだろうか」と彼女は思いつめる。
---


私は彼女の感情がまったく理解できなかった。戸籍がそんなに重要だとはとても思えなかったからなのだ。彼女はどうして、そんなにも戸籍に執着するのか?関係を拒絶され、会ってもくれないことの方がよっぽど悲しいではないか?

そう考えているうちに、もしかして・・と思うことがあった。それはマリッジブルー。「家族との関係性が今まで通り築けなくなるということ = マリッジブルー」 なのではないか?
結婚している友達に聞いてみた。すると、あっさり「そうだよ」とのこと。原因が分かっていてもなるものなのか?、と疑問に思っていると体験談を聞くことができた。彼女の場合、「嫁に行く」という形になるので、自分の親から、「結婚したら相手の家の者になるから好き勝手に意見できない」、というようなことを言われたらしい。(えー?!ぢゃないですか???) それなら、婿に行った人の場合はどうなんだろう?サンプル募集中です。
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-30 18:40 | general
<< 最近の北大総博 鉄道博物館 >>