excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

サポセン写真展

北海道環境サポートセンターで写真展だそうなので、転載します。

-------
写真展 地球温暖化の目撃者―岩合光昭スペシャル


 近年、地球温暖化による北極圏の環境変化が問題視され、IUCN(国際自然保護連合)の2006年版「レッドリスト」で絶滅の恐れがある野生動物に、ホッキョクグマが挙げられました。
今回の写真展では、動物写真家・岩合光昭氏が2006年6月下旬から7月にかけて、地球温暖化の現象が顕在化しつつあるカナダのウェージャー・ベイでホッキョクグマなどの野生生物を撮
影した作品を展示します。40年にわたって野生動物と自然を見つめてきた彼ならではの視点でとらえた地球温暖化の現状を、デジタル一眼レフカメラ「E-1」で撮影した写真でご覧下さい。ウェージャー・ベイでの撮影風景を収録した映像もご覧頂けます。

 「地球温暖化の目撃者-岩合光昭スペシャルサイト」
http://www.olympus.co.jp/gww)も公開中。


[日時] 2008年1月8日(火)~23日(水)
      10:00~18:00  (日曜・祝日休館)
[場所] 北海道環境サポートセンター
     (札幌市中央区北4条西4丁目1番地 伊藤・加藤ビル4階)
[料金] 入場無料
[撮影] 岩合光昭(いわごうみつあき)氏
 1950年東京生まれ。19歳のとき訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続けている。独自の色とコントラストを持つ写真は海外メディアからIWAGO'S COLORと称され、「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙を2度に渡って飾るなど、全世界で高く評価されている。

 ※Digital Iwago HPも御覧ください。
 (URL:http://www.digitaliwago.com/index.html

[問い合わせ先] 北海道環境サポートセンター(日曜・祝日休館)
[主催] 財団法人北海道環境財団/オリンパス株式会社
[PR]
by cony_keyco | 2008-01-09 23:51 | event
<< 人間専用ドック コミュニケーションに必要な話術? >>