excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

できそこない

福岡さんの本を読んだのは2冊目。今回は「できそこないの男たち」である(今日イッキ読みしたわけではなく)。もちろん分子生物学の話である。

ここで紹介するまでもなく売れ行きは良いと思うが、生物学に縁のない私でもすごく思い白かったので、オススメする。イッキに読みたくなる本だ。読んでいると引き込まれていく、というのだろうか、「それでそれで???」と続きを聞きたくなる感じ。

専門的な話はほとんどなく、研究室の話や、研究に関わった有名な研究者のはなし、一般人でも考えそうなことなど、話題は多岐にわたっている。学会の話などは臨場感にあふれ、彼が体験した雰囲気が伝わってきそうな感じである。

前回読んだ「生物と無生物のあいだ」では名言があった。人に会ったときに、お変わりありませんか?とは挨拶するものの、細胞的に見れば”お変わりありまくりなのである”とのこと。今回の名言はどこかなぁ。
[PR]
by cony_keyco | 2008-10-29 22:53 | general | Comments(0)
<< サイエンス・カフェもインターナ... テレビのリモコン >>