excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

木のない環境

スウェーデンの氷河へフィールドワークに行った時、しばらく木がない(というよりほとんど植物がない)環境だった。最初はびっくりした。氷河でのフィールドワークの経験はあったけれど、その3年前に行ったカムチャツカでは、氷河の近くまで低木があり、日本のような気候だったのだ。しばらく木のない環境にいるうちに、慣れてきた。

さて、いまモンゴルの氷河について研究していて、とってきたサンプルの花粉分析というのをやってもらっている。木の花粉と草の花粉がはいってるそうだ。そういえば、あのあたりに木はないんだったな。。。なんとなく変わった雰囲気であるのだが、草があるので緑がまったくないというわけではないのだ。

人は緑があると潤うというけれど、砂漠で育った人はむしろ緑のない砂っぽい方が落ち着く、と誰かが書いていた。その通りかも。私たちだって、緑のたくさんあるジャングルが必ずしも落ち着くとは限らない。

要は慣れなんじゃないか。木がない場所に慣れると、特に寂しいとも思わなくなるのかもしれない。
e0062098_2061144.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2009-02-03 19:28 | general | Comments(4)
Commented by (ぐ)こと のざき at 2009-02-04 22:01 x
遠くにパオらしきものが見えるところを見るとこれはモンゴルの風景なのでしょうか?
フィールドワーク、生易しいもんじゃないとは思いますが、
やはり羨ましいな、と思いますね。
もうすぐご出発なのでしょうか?
戻られたらぜひとも土産話を!
Commented by cony_keyco at 2009-02-04 22:19
>(ぐ)さん
コメントどうも~。
>遠くにパオらしきものが
モンゴルは”ゲル”っていうんですよ。パオは中国での名前です。ちなみに”ゲル”は”家”って意味です。まぎらわし~
Commented by (ぐ)こと のざき at 2009-02-04 23:39 x
「ゲル」、ああ、そうでしたね。昔、開高健の釣り紀行で読んだのを思い出しました。(パオは包ですな)
タバルガン(野ネズミ?)が旨いらしいので一度食って見たいです。(^^)
Commented by cony_keyco at 2009-02-04 23:58
>(ぐ)さん
モンゴルに詳しいのですね。タルバガン、食べることもあるそうですが、病気をもっているというのをガイドブックで読みました。感染すると危ないそうです。
そもそも、捕獲が難しいみたいけど。見た目はカワイイです。
<< IPYジュニアサミット (イベ... 駅メロディ >>