excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

カテゴリ:outreach( 135 )

雑誌「化学」

化学は苦手なので、こういう機会がなかったら手に取ることはなかったでしょう。雑誌「化学」。意外とおもしろい。

博士の生き方」の奥井さんが2007年10月号に前回のアンケート結果を載せているというので買ってみた。
・・・なるほど。貴重な記事だ。

ついでにほかの記事を読んでみた。お笑い好きの私としては
【ポスドクのすすめ】 「お笑い」を身に付けよう
という記事をつい読んでしまう。お笑いの話かと思えば、研究室のいじめの話だった。・・・かなり陰湿ないじめだ(朝行ってみたら実験台がなくなってた、とか)。こんなことが起きたら、私ならその研究室を去るだろうなと思った。

「化学」最新号は電子ブックで読める。



----
関連項目

気象系のポスドク アンケートやってるそうです。
にわかには答えにくい質問もあるけど、この結果もぜひ見てみたい!と思える質問がありますね。
[PR]
by cony_keyco | 2008-03-27 17:40 | outreach

3号発刊

ジャパニーズジャーナル オブ サイエンス コミュニケーション」第3号が発刊された。私もちょっと書きましたので、よろしくです。
[PR]
by cony_keyco | 2008-03-19 18:42 | outreach

かむい

カムイロケット打ち上げのニュース

http://www.stv.ne.jp/news/streamingFlash/item/20080303190709/index.html
↑ いきなり音がでますよ
[PR]
by cony_keyco | 2008-03-05 19:00 | outreach

コミュニケーションを仕事に

(自分もそうだけど、)最近、切羽つまった人とか暗い人が多くて、そういう人と話しているとこっちも辛くなって参ります。。。そんな中、プチ上司はいつも「それでえーねん」って^_^;ある意味マイペースなので彼と話すと気がラクヽ(^o^)丿
今日はお休みかしら。残念だなぁ( ..)

そのような状況の中(関係ないけど)、
↓ こんな情報が!!!

京大の大学院生がつくったNPO
中東のドバイ大学と産学連携している。ドバイ大学との連携は世界初だとか。
Researcher Zukanってのを作っているらしい。(ネットで見られる研究者へのビデオインタビュー) これがスゴイ!

NPO法人 KGC
http://www.npo-kgc.or.jp/
   Researcher Zukan(研究者図鑑)
   http://www.zukan.tv
日経BIZ+PLUS KGC紹介記事
   http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/etic.cfm?i=20070509cp000cp
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-29 19:57 | outreach

マンガでサイエンス

ちょっと疲れ気味。耳が聞こえにくい(-_-;) 働き杉です、私にしては。毎日終電で帰る人が信じられないな。


本を買った。研究関係とアウトリーチ関係の本を買ったついでに漫画を2冊。どちらも有名だと思うけど、一応紹介しときます


とりぱん
岩手?に住んでいる著者が日々おこる出来事をマンガにしたもの。庭にきた鳥のこととか、つけものを作ることとか、鋭い観察眼が冴えわたるっ。
前にも書いた気がするけれど、Mさんが「2巻?に積雪断面観測の話も書いてある」と教えてくれた。まさか断面観測がマンガになるとは!


もやしもん
アニメにもなってるけれど、農業大学の研究室のはなし。菌が見えるという主人公(だよね?)をとりまく出来事。いろいろな菌が登場する。どこにでもいる菌とか、無害な菌とか、菌が身近に感じられてくる~。菌のかわいいキャラクター化に成功していると思う。
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-20 22:30 | outreach

女の子のための

女の子のための氷河の教室

ディズニーオンアイスならぬ...
Girls on Ice

実習形式のサマースクール。楽しそう〜\(~o~)/
フラッシュがあるから見てみてね。

講師になっているErinは優秀な人なんです。ニューヨークタイムズに取材されたみたい。


日本でもやってみたいねぇ。氷河がないなぁ。。。雪でもいいかな。
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-18 18:25 | outreach

正統派アウトリーチ

これが正統派アウトリーチなんじゃないか?と思うもの二つ。

研究関係で知り合った方のホームページ。気象関係の写真がもりだくさん(というか、毎日!)

riv-hiro さんのページ

中でもオススメ写真は
 2006.01.28 新潟県 湯沢町と津南町の積雪
 2007.02.20 山形蔵王

ホームページもすごいけど、この人は研究もすごい。尊敬します~
KNさんはこの方をご存知かしら~
それから、rivhiroさんのオススメはこちら ↓


sky page

このひと、実は高校の先生?「世界一受けたい授業」にも出演したらしい。
この人の本「空の色と光の図鑑」買いました。すごいイイです。




私なんぞ雑多なにアウトリーチしてるけど、研究者としては”自分の分野を社会にアピールする”という形でのアウトリーチが最も良いではないかと時々思う。実際、多いと思う。そのような形にする理由は、タックスペイヤーへの説明とか趣味とか・・・、いろいろあると思うけれど意外と自分のためだったりもする。自分の研究に直接役に立つというよりは、自分も一般的な情報が必要だったり、社会の中でその分野が有名になることにより研究がやり易くなるとか。。。広い意味での気象学は雪氷学よりも一般的理解が得やすい学問だと思う。だからこそ研究者が多いとも言えるけれど。。。
氷河学ももっと身近な感じてくれる人が増えてほしい!と常々思う。
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-17 21:00 | outreach

アウトリーチについてちょっと考えてみる

CoSTEPの中間評価があまりよくなかった模様。かなしいな。CoSTEPにはサイエンスカフェについて勉強させていただきました。

いっしょにサイエンスカフェをやってくれたsalsaさんが、今年もサイエンスカフェをやっている。前回も会場を探してきてくれたけど、今回はひらめいたようで、あっさり見つかったのかな?
すごいひらめきですねー。つぶやきさんも注目してます。

科学をもっと身近に、というコンセプトの科学コミュニケーションだけど、そういう言い方って偉そうじゃない?とM氏に言われた。たしかにそうかも。
昨日までのアウトリーチのなかで、研究者だからって教えるような感じで講演などするのは、なんだかエラそうで私はあまり好きではない。もしかすると科学ってのが偉そうなのかも、とのこと。
考えてみると、”とっつきにくさ”は、そういうところにあるのかもしれない。

以前は昔の友達(研究者ではないひと)に研究上のトピックなどを話したこともあったけれど、最近はあまり話さないようにしている。jはなすときも、押し付けがましくないようにしている。日常生活の大変さで、科学の話をしている場合ではないってことも結構あるから。所帯じみた話から離れて気分転換になるのであればいいのだけれど。

ここのところ、いろいろな人といろいろな話をして考えさせられた。それはまた追々。
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-12 21:30 | outreach

tottori

今日は鳥取に来ています。
もと指導教官がやっているNPO法人の自然観察会(というか雪のみ)の手伝いです。
先輩Yさんと3人できたところ、お客さんは40名くらいいて盛況でした。

やっているときは一生けん命すぎて写真とれませんでした。。。
とりあえず会場・・・
の近くの建物内の写真
e0062098_21483796.jpg

???
っとお思いでしょうが、
ここはトロールをテーマにした展示(?)があるのですよ。


ところで3セクの会社ですヽ(^o^)丿
e0062098_2149111.jpg

Yさんには、私は電車マニアってことにしておいた。
さらに、駅にはこんなものが
e0062098_21485361.jpg

右の。これなに?体重計。
[PR]
by cony_keyco | 2008-02-10 20:17 | outreach

温暖化防止活動

インチキ博士が1月8日に チーム・マイナス6% について書いていた。
e0062098_18565214.gif
その中に、解説映像 地球シミュレーション があったので見てみた。


よくできてます!インチキ博士の写真も使われていたようです。
視聴上の注意がうるさいくらい出ているところが良い。”予言ではありません”とか。これくらい書かないと誤解を生むだろうからね。

使われている言葉選びもすばらしい。シミュレーションのとらえ方として「もうひとつの地球」と言っている。SFみたいだ。

ところで、地表面気温などは分かり易いけど、土壌水分量って一般的理解はどうなんだろう??降水量も変化”率”だ。中学生くらいでは分からないかなぁ。


最後まで見るとフラッシュをダウンロードできる。
「短い版」と「長い版」があるところが気がきいている。もっと興味のない視聴者用に、movieがもっと短いのを出してもいいのではないかと思ったけど。



地球温暖化活動防止センター の 都道府県センター (各都道府県にある活動センター)でDVDを借りることもできるらしい。たとえば
神奈川県では  NPO法人かながわアジェンダ推進センター
北海道では (財)北海道環境財団
[PR]
by cony_keyco | 2008-01-17 19:20 | outreach