excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

六日目

e0062098_13363240.jpg

手術も無事おわり、その後の経過も順調です。ありがとうございます。今、こんな感じです。

手術室はB´zのBGMがかかっていた。目の上にゴムシートのようなものが掛けられ、見えなくなった。麻酔のせいで眠くて、1/3くらいは眠っていたと思う。最後の方は麻酔が切れかけ、点滴による欠陥痛などもあり痛かったー。

翌日はなぜか体がだるく、ほんとに一日中寝ていた。昨日はまあまあ。でも病室からほとんど出られず、今日になってやっとお風呂に入れた。髪はシャンプー台で洗ってもらった。午前中に回診という、ちょっと偉いっぽい先生に診てもらう。とは言っても結局、主治医のほうが詳しい。(何のためにやってるのかわからん)

縫った糸が当たって痛い。何もしていなくても涙がでる。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-31 13:36 | general | Comments(6)

IDほか

インテリジェント・デザイン
の話は科学雑誌Natureで知った。アメリカ(だっけ?)でかなり盛り上がっているところもあり、でも同じ地域に蔑視している人もいる。かなり論争があるようだ。
進化論を信じていると、こういう考え方はオカルト調に見える。実際、私はこれを知ったときには、なぜこんなものがNatureで取り上げられているのだろうと、とっさに思ってしまった。
しかし、”5号館...”さんのいうように、(もしくはhillbridgeさんの言うように)こういう考え方の人を無視してはいけないのかもしれない。一つ考え方だけが正しいと信じてしまうほうがアブナイのかもしれない。私はさっぱり理解できいし、まだあまり信用していないけれど、これからも彼らの活動を追って見ていこうと思う。そのうち、なんとなく理解できるかもしれない。




別の話だが、日本の教育は昔から”読み・書き・そろばん”といわれるように、基礎的な技術(?)が重んじられてきた。11月のサイエンスカフェは(私はいけないだろうが)フィンランドの理科教育についてである。フィンランドでは小さいうち(小学生)から、フィールドにでて考えたり、科学的概念を教えたりする点で日本と大きくことなるようだ。
日本は、洞察力という点で伸び悩んでいるので、このような長期的な視点で教育する方針を持って欲しいと思う。それには、家庭や学校の意識という点もあるが、日本の教育界の意向も大きいと思う。教育制度、方針を考える方々にも参加してもらい、考えてほしいと思う。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-27 17:26 | science | Comments(1)

二日目

e0062098_135968.jpg

入院生活二日目。
今日は六時に起こされた。これまでの睡眠不足を解消すべく7:30まで粘る。
今日は比較的暇。今日すべきことは検査(写真をとるらしい)、明日のために風呂に入ること(しばらく入れない)、手術の説明を受ける。
いままで、かなり気楽に考えていたが、それなりに制限があるようだ。点滴をしたり(これも人生初)、ご飯や水を我慢したり(つらいー)、明日から三日くらい部屋から出られない(その後三日くらい同じフロアしか動けない)。

いろいろ聞いていたら緊張してきた。今日のうちにenjoyしておこう。

窓から見える紅葉。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-27 13:05 | general | Comments(2)

●○初体験

今日は人生初の入院の日だった。(と書くと私が誰だか分かりますね、Nさん)
初日から寝坊して受付に遅れる。寝たのが朝だったので起きられるわけもないが、自分を過信し過ぎてた。実は意外と荷物が多く、カゴのない自転車でふらふらしながら行った。

着いたらすぐに、病棟の案内をしてもらい、検査など、常に何かしている状態。思ったより忙しい。
病室では、比較的和気あいあい。でもみなさん目の病気についてやたら詳しいのだ。

夕方から手術について説明を受ける。最近の゛インフォームドコンセント゛などで、かなり詳しく聞けた。どんなことが今起きているか、治療方法は二つあるがどちらがよいか、その理由、合併症の危険性、術後の生活など。

前にも書いたが、担当医は説明がうまい。聞きながら、こういう話し方が分かりやすいなぁ、なんて考えてた。CoSTEP代わり。
もう一人の担当医は山が趣味だそうだ。そんな話をできるのも外来じゃなくて入院だからか。
ps.以外と早く退院できるかもしれないので、見に来ないで下さい。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-26 19:54 | general | Comments(0)

雪。。。じゃなかった2

なぜか投稿に失敗したので、続きを。

研究所ではクリスマス直前にスノーランタンをつくり、エントランス周辺を飾っている。いつも思うのが、はかないなぁってこと。みんなで2時間くらい、寒い思いをして作るのに、翌朝はなくなっている(もしくは、こわれている)。
ことしは、学外にも宣伝しようと思う。十分に雪が積もればいいけれど。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-25 22:23 | general | Comments(1)

雪。。。じゃなかった

昨日の夜は遅くなり、自転車をこいでいたら、なんだか冬を感じた。風が冷たい。カキ氷も食べていないのに、頭がキーンとする。
天気予報では、”平地でも雪が降るところがある、とか、ものすごく寒い”ようなことを言っていたが、意外と普通だった(こころの準備ができていたからかな?)

移住当初は恐れおののいていた冬も、北海道に住んで数年経つとあまりストレスではなくなる。逆に、このあと本州に引越して、夏の暑さに耐えられないのでは?と心配。移住先は弘前あたりから始めたい。

冬になって最も困ることは、自転車に乗れないことだ。正確に言うと乗れないのではなくて、乗りたくない、乗らない。
歩いていくとすごく時間がかかる。いままで自転車で行っていたところを、全部歩いていくと思うと気が重い。しかし、運動になると思えば、この機会に歩いた方が良いのかも。

実際は、これから数日はまた暖かい日が戻り、雪が降るまでにはまだ時間がありそうだ。

雪が降ったら、
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-25 22:11 | general | Comments(0)

総合博物館2Fオープン

北大の総合博物館は、いままで展示室が1階と3階という中途半端な開館の仕方だった。このほど、2階がオープンするそうだ。聞くところによると、昆虫や考古学資料を展示するそうだ。
それに伴い、イベントが開催される。

なぜ交響楽団?それはともかく、行ってみたいが、私はこの日は無理だ。行ってみた人がいたら、感想を聞かせてください。それと、2階の展示の様子も。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-25 00:24 | event | Comments(0)

その後

e0062098_15563724.jpg紅葉が進むのは早い。もう葉が落ちてるところがある。今日は、木が光って見えた。この写真ではわかりにくいか。

イチョウ並木の紅葉情報がでてる。大学にしてはものすごいサービスだ。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-23 15:31 | general | Comments(1)

紅葉すすむ

e0062098_15462211.jpg前回もアップした紅葉している木の写真。この木は、周りの木に比べて紅葉し始めるのがとても早いと思う。そして、南の下の方から色が変わり始める。今は全体が同じ色だが、変わっていく途中は、みていて面白い。しかも、周りの木々とのコントラストがとてもきれい。


今日も虫が大発生。ユキムシではなかったようだけれど。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-22 16:44 | general | Comments(0)

ゆきむし大発生

今日はゆきむしの話をしている人が多かった。
私も、自転車でゆきむしの集団に衝突してしまった。あ~~~、青っぽいのがついてる~、という感じ。一匹でふよふよ浮いてるのは風情があるけど、集団でうようよしてるのは・・・。今日は暖かかったが、そろそろ雪か。
今週末は雨の模様。札幌にきてから、めっきり傘をつかう回数が減った。今年はあと何回傘を使うのか。

ところで、前に書いたが、友人がテレビ局で(?)働いており、昨日の朝はニュースにでたようだ。別の友人が見つけて報告してくれたので分かった。
私は朝のニュースを見る習慣があまりないので、これからは見てみようかと思ったり。
[PR]
by cony_keyco | 2005-10-21 21:04 | general | Comments(0)