excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

服装から受ける印象

登録しているメールマガジンに、服装に関して以下のような話が載っていた。

雑誌「Gentry」から

『医師と患者。コミュニケーション戦術』(2006年2月号)より
   和田秀樹氏(精神科医)のコメント

「若い頃学んだ病棟では、(略)ジーンズをはいたりする人も見受けられたのですが、個人的にはそれが嫌いだったのです。医師に頼りたい患者さんもたくさんいて、特に高齢者の方々はキチンとした服装をしなくては医師として認めてくれません

(略)サラリーマンがスーツを着ていた時代に、ポロシャツで仕事をしていた医師の服装は『スーツを着なくてもよい仕事をしている』という自己満足に過ぎないと思いました。

これは患者不在の状態であり、仕事をしているときに正式な仕事着を着るのは当たり前。(略)患者に安心感を与えてあげることも非常に大切な仕事といえるのです」


私は医師の服装と信頼性とは結び付けて考えないので、どちらでも良いと思う。しかし、入院している時を考えてみると、確かに違う印象を受けたなと思う。

白衣には、服になっているタイプ(看護師さんがきているようなもの)と、服の上から羽織る白衣がある。服になっているタイプは、そう簡単に脱いだり着たりできない。平日着ている医師が多い。羽織るタイプの白衣は、土曜日の短時間労働の時に来ている医師が多い。そう考えると、服タイプを着ている医師の方が仕事に真摯な姿勢で向かっているように見える。(実際はわからないけど)

一方で、この違いはポジションをも表しているように見える。教授などは羽織るタイプの白衣を着ているし、若い医師は服タイプの場合が多い。もし白衣の違いに意味がなかったとしても、このような傾向から、患者は偏見を持って見てしまうのではないかと思う。

ところで、病院ではなくて、大学でも他学部の教員の場合はどうだろうか?テレビに出る場合、”大学の先生”というイメージがあるのか、比較的カチッとした服装の人が多い。
もちろん、明らかに外を歩きまわる仕事の場合や、そのような話の展開の場合は、それ相応の服装をしている。大学教員は、医師とは違うので、必ずしもキチンとした服装をしなくても良いと思う。逆に、子ども相手の講演などでは、その状況に合わせた服装をした方が良いと思う。

瀬名秀明さんは、パラサイトイヴの受賞インタビューで、取材一つ一つについて服を着替えていたそうだ。かなりの演出家だと思った。その中で私が見た記事では、白衣を着て試験管をもっている写真が載っていた。たぶん、分かりやすい研究者イメージなんだと思う。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-28 20:38 | general | Comments(2)

保険料が高い

何日か前の毎日新聞に掲載されていた。テレビでもこの話題が取り上げられている。

いま、個人レベルでの最も大きな問題は、保険料が高くて払えないー>病院にいかないー>悪化する、という悪循環のようだ。
我が家でもかなり家計を圧迫しているので、公共料金の中で保険料はどうしてこんなに高いのだろうと疑問に思っていた。しかし、何度も病院にかかると、3割負担でも保険証をもっていたほうがまだマシかな、とも思う。

以前、ノルウェーから来た客員教授と生活費の話をした際、保険料のことも話したら、ノルウェー並に高いといわれた。ノルウェーはいわゆる福祉国家なので、税金も高いし、病院や学校にかかる費用に関して手厚く面倒を見てもらえる。でも、日本はこれだけ高いお金を払っていても、病院や学校にもさらに払わなければならない。

日本では行政側も困っていることがある。保険料の催促状を何通も出す。実際、督促状が溜まっている家もある。また、係りの人が各家庭を回って支払いを促すが、子どもがでて「お母さんはいない」と言う。現状を知っていると、仕事は言え、とてもつらいのだそうだ。

これ以上社会の歪が大きくなっては困る。私は小さな政府には反対です。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-27 17:57 | general | Comments(2)

お知らせ

スノーランタン関連情報

さっぽろ雪祭り さとらんど会場では、来場者に対して
”スノーランタンと雪だるまを、作ってみない?”
という形でイベントを行うそうです。
(2月6日~12日、9時~17時)

東区の方が主催(?)されるようで、
「職員だけでなんとかできる体制ではあるが、お時間があればぜひ手伝いに来てください」
との事。
担当の方の連絡先を聞いたので、興味があればご連絡ください。
(メールアドレスは、このブログのID, @以下はexcite.co.jpです)
また、私は8~12日の間に行ってみようと思っています。都合が合えばご一緒しましょう。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-25 18:58 | event | Comments(0)

サイエンスカフェがテレビに

前回のサイエンスカフェ札幌はNHKの取材が入っていた。
テレビ放映される日が決まったらしい。

1月23日(月) 午前7時30分~8時15分 「おはよう北海道」(ローカルニュース)の中で,4分程度
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-18 00:11 | event | Comments(2)

アミューズランド2006・スイートメモリーズ

道立近代美術館で今月29日までやっている企画展のことである
これに行っている場合ではなかったが、必要があって行ってきた。

私が気に入ったのは高木正勝さんのlight parkという作品である。暗い部屋にブランコが二つ設置されており、それに乗ってスクリーンを見る。子ども、ブランコの映像である。小学生のときに行ったサマーランドの空中ブランコを思い出した。時には抽象的な画と子どもの声というシーンもあり、見に来た人だけの思い出が浮かぶかもしれない。

以前も書いたが、荒木珠奈さんの”うち”という作品のこと。
そのあとに自分で作るコーナーがある。私が行ったときはちょうど年配の夫婦が二人で大きな教会を作っていた。なかなかの傑作。「何十年ぶり」といいながら、とても楽しそうだった。私も作ってみた。これから行く方は探してみてください。ちなみに私はイチゴ好き。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-17 20:38 | general | Comments(0)

北海道の指定管理者制度

12月15日の道新にのっていたそうだ。
来春から指定管理者制度が導入される。各自治体は、①管理業務のみのを任せる方式か、②学芸員を含めてすべてを任せる方式かを選択している状況だそうだ。

道の条例では「北海道方式」ともいえる中間的な案をとっているらしい。この方式、あいまいな部分が多いのではっきりとはいえないが、学芸員は専門的技術的な調査研究、展示・保護に関する技術的研究のみをするという位置づけ。つまり仕事がない。

実際、北海道の博物館や関連施設では、北見文化センターが①の方式をとったそうだが、札幌では多くの施設が北海道方式のようで、指定管理者はもともとその施設に関わっていた財団等がなっているらしい。ただ、釧路の芸術館はNTTの子会社がなったそうだ。

これまでも、Kitaraなど、一般企業が管理などに関わっている施設は少なくないようだ。しかし、博物館などは損得なしに、いわば公共の利益のための施設。指定管理者制度は、予算節約とサービス向上のためと言われても、今後の活動に不安が残る、という話。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-16 20:16 | science | Comments(0)

東北大のサイエンスカフェ

ほんとは、どんと祭にコメントしたかったが、カフェの話にしよう。

1月27日に東北大学サイエンスカフェ(1/27)の第六回目が開かれるそうだ。ちょうど、このカフェのHPを見たあとにこの記事をみた。

前にもコレに関して書いたことがあったが、東北大は8月からカフェを始めたようだ。札幌と違い、非常によく動いているなと思うところがある。たとえば大隈さんも書いておられたが、質問への答えをあとでHPに載せるところ。かなり大変だと思うが、とてもよいことだと思う。

東北大のカフェは謎の部分が多いので、シンポジウムの時に聞いてみたいと思う。福西さんが来られるのだそう。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-16 19:38 | science | Comments(0)

覆水

ずっと前に(このHPによると10/15に)、サイエンスゼロで、長周期地震動について特集していた。

十勝沖地震で苫小牧の大きな石油タンクの石油がこぼれたのは、長周期地震動の周期と石油タンクの大きさが合ったからだということ。番組では実際にいろいろな周期、いろいろな大きさの容器で、周期と容器の大きさの関係を示していた。

高層マンションなどの地震に対する危機感が増すような内容もあり、経済に負の効果はあるかもしれないが、科学的にはとてもよい内容だったと思う。


私はこのような考えには疎いので、教えて欲しいのだが、液体の入った容器をお盆に載せて運ぶのもこの理由なのだろうか?

それまで私が思っていたお盆の効果は、面積が大きなお盆に載せることにより、持っている手の上下のブレが中央の容器に小さく伝わるということだった。
しかし、小さなお盆では揺れも周期が小さいために小さな容器がこぼれやすいのかもしれない。そして、大きなお盆では周期が大きくなり、小さな容器内の液体がこぼれにくいのかもしれないと思った。どうなのだろう?
これ以上、私の頭の中では話が進まない。。。


まあ、でもお盆に載せてお茶を出すのは作法の問題だったり、
たくさんのお皿を運べるという理由なのかな
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-12 18:47 | science | Comments(0)

知らぬがほっとけ

これはグチです。

どうやら、自分は気が効く(あるいはよく気がつく)と勘違いしている人が多いらしい。

その人たちは、自分が何かに気がついたときに、それは誰よりも先に考え付いたと錯覚してしまうようだ。そしてひとに言いたがる。周りの人がすでに気がついていることも知らずに。

その人たちには、こういう症状もある。自分のアイデアを振りまく。こちらがいくら熟慮していようと、何も起こっていないかのように。

「知らなかった」で済まされるには限度がある。
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-10 21:24 | general | Comments(2)

サイエンスカフェ関連イベント

CoSTEP ワークショップ
サイエンスコミュニケーション・ワークショップin Sapporo
―イギリスと日本の現状と展望―



ワークショップⅠ「サイエンス・エンゲージメントの手法」
2006年1月23日(月)18:00~20:00
北海道大学 情報教育館3F スタジオ型多目的中講義室

提題
トム・シェークスピア (ニューカッスル大学、イギリス)
 「市民法廷」とOrdinary Ethicsプロジェクト
渡部麻衣子(市民科学研究室、東京)
 「市民科学研究室の活動」


ワークショップⅡ「サイエンスカフェ:イギリスと日本の経験」
2006年1月24日(火)16:30~19:45
北海道大学 学術交流会館 第一会議室

提題
開会挨拶・ワークショップ趣旨説明 16:30-16:35
トム・シェークスピア(ニューカッスル大学、イギリス)16:35-17:00
 「イギリスにおけるサイエンスカフェ」
三上直之、岡橋毅(北海道大学・CoSTEP)17:00-17:25
 「サイエンスカフェ札幌の実験」
福西浩(東北大学)17:25-17:50
 「東北大学サイエンスカフェの活動」
     休憩 17:50-18:00
佐々義子(くらしとバイオプラザ21、東京)18:00-18:25
 「バイオカフェ」
伊藤真之(神戸大学)18:25-18:50
 「サイエンスカフェ神戸」
中村征樹(東京大学)18:50-19:15
 「カフェシアンティフィーク東京の実践と国内外サイエンスカフェ調査」
総合討論 19:15-19;45


使用言語:日本語、英語(通訳つき)
申し込み手続き:会場準備の都合上、メール等でワークショップⅠ、Ⅱのどちらに(あるいは両方)参加されるかをお知らせいただければ幸いです。なお参加費は無料です。

主催:CoSTEP(北海道大学・科学技術コミュニケーター養成ユニット)
コーディネーター:石原孝二(北海道大学)、岡橋毅(北海道大学CoSTEP)

お問い合わせ・お申し込み先:〒060-0810 札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット事務室
電話 & Fax:011-706-3276 Email: workshop@costep.hucc.hokudai.ac.jp (ワークショップお問い合わせ・申し込み専用アドレス)
[PR]
by cony_keyco | 2006-01-09 16:02 | event | Comments(0)