excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

<   2006年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「利休」という名前だったか

タイトルをつけるの忘れていました
------
e0062098_23465274.jpg

九州から友人が来たのでステラプレイスにご飯を食べに行った。そこで飲んだカクテル、光っていた。
光りの理由は氷...ではなく発光のプラスチック。発光のメカニズムは結局わからず。



メモ1
毎日新聞一面のYKKapのドア予報。ウケるぅ


メモ2
花巻のマルカンデパートのソフトクリーム。すごい~

メモ3
函館の五島軒のミートコロッケとカニクリームコロッケ(?)
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-31 23:46 | general

My star

近頃お世話になっているMLから
”自分の星”に名前をつけ、ソレを見に行く企画のご紹介


  宇宙には当然ながら星がたくさんある。
  その中のどれかに自分の星として名前をつける。(ただし、正式なものではない、勝手に呼んでるだけ、みたいな)
  一応登録されてるから客観性も少しある。(登録証のようなものがある)
  望遠鏡で見るために、ある天文台に行く。
  (しかも寝食温泉付!)
という企画
場所は北海道苫前郡初山別村らしい。
詳細は目篭さんのサイトをみられたし。報告されています。


それにしても、これはスペシャル感を利用した面白いアイデアだ。本州から行ってしまう人もいるくらい。
これ、雪の結晶でもできそうでない?My snow crystal なんてどうだろうか?



-----
このブログを始めてから1年経ちました。おめでとう\(^o^)/
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-31 17:40 | outreach

今日も赫赫ニュースから

1.
地球大学
とは興味をそそるじゃありませんか
(もとのページはこちら

2.
これも赫赫のMLからですが
Birthday star
(それじゃBirthday glacier もアリ?)

3.
となりのSさんから聞いたこの話。
「ゆとり教育のゆくえ」
・・・PISAってなんなんだろうね。教育方法や文化によって得意な国と不得意な国があっても不思議ではないんでないの?
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-31 00:05 | general

今日のニュースから

ペンギン
と聞くと振り向いてしまう今日このごろ。


来年度は公立小学校で
学童保育のようなもの
が導入される
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-29 22:41 | general

冥王星ネタ

ここでいまさら書くことはないのだけれど、いくつか見たので履歴を残しておきます。


http://www.tenpla.net/cgi/hlog/
分かりやすく詳しい


日本プラネタリウム協会ホームページでは、「惑星の定義」確定についての会長のメッセージ、関連行事情報(トピックスコーナー)を公開しているそうです。http://www.planetarium.jp/


このページ(http://do-astro.sakura.ne.jp/ysblog/)に書かれていたのだか、惑星の数を決めるために世界の天文学者が集まっているような印象を受ける報道があるらしい。でも、これは学会であって、そのうちの会議の一つが注目されているとのこと。


世間では関連したくだらないニュースもあったけど、個人的にへぇ~というのも。星占いに影響がある・・とかね。
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-28 22:24 | general

総博に行った

久しぶりに北大の総合博物館に行った。モンゴルの恐竜展が今日までだった。ついでに2階部分を見てきた。

恐竜展は小さい部屋だったけれど、あれだけのモノを集めるのは大変だっただろうと思う。
常設展も合わせると恐竜関係の部屋が多いので、来ていた子どもたちも楽しそうだった。でも常設展はパネルなどに改良の余地があるよね。

恐竜展の会場では”NHKスペシャル”なんかが流れていて、そういうのをみると、やっぱり南極展や氷河展もやってみたいな~と思ってしまう。(この春は本気で企画展開催を考えたけど、大変すぎると思ってあきらめたのでした)

2階がオープンしてから大分経つけれど、実は準備中にちょっとのぞいたくらいで、今回初めて行った。(以前は1階と3階という中途半端な公開のしかただった) 個人的には掘削船”ちきゅう”の説明DVDが面白かったけど、あれは”ちきゅう”を運用している海洋研究開発機構が作ったものなんだよね。。。 2階には魚類や動物、人文系の展示がある。魚類展示では、昨年夏に専門家に聞いた”骨を残して他を溶かす”方法でつくったサンプルが展示されていた。作り方まで書いてある。マニアック(^_^;)

大学博物館というのはホントにマニアックだなと思った。そもそも大学生以上を対象としているから、それでいいのだろうけど。逆に、アウトリーチの場としては最適だなぁと思った。”大学が、大学内に、市民向けに説明する場を持っている”ということは意味があることだ。
こういうときに"サイエンスカフェ”を考えてしまうけれど、やはり博物館には講義形式の”市民セミナー”が似合っている気がする。

博物館といえばミュージアムショップも必要。以前は3階の隅にあったが、2階の目に付く場所に移され、商品のバリエーションも豊富になった。ちょっと開放的な空間になったのもGOOD!

今日は土曜日ということもあってか、お客さんがたくさんいた。年々博物館の知名度も上がり、集客数も増えている。もっともっとたくさん増えればいいな。
総博は広すぎて一度に見るのは厳しいから、”時々来てちょっとずつ勉強する”くらいの気軽さで利用したらいいのではないだろうか。

ps. もう一つの企画展:「北大の山小屋」展は9月3日までだそうです。
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-26 16:46 | general

パワハラにどう対応すべきか?

会社勤めの友人が(もう辞めるんだけど)パワハラに悩んでいる。彼女はどう対応すればいいのか悩んでいる。

まず、個人的に対応すべきではないと思う。
もし、今後関わらないということでナットクできるなら、何もしないで忘れること、コレも一つの方法でしょう。
それから、人事などの部署に連絡すること。これはちょっと賭けだけど、個人的な感情で動くよりはマシ。
そして、外部機関(弁護士など)に相談すること。訴えるかどうかは別にして、相談だけでも役に立つらしい(私はしたことがないけど)。弁護士さんによって専門があるらしい。
聞くところによると30分で5千円というのが相場らしい。5千円で相談にのってくれるならいいかも、と思うのはかなり末期だからかしら???

良い解決法をご存知だったら教えてください。
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-25 23:04 | gender

outreachか雑談か

今日はまた自分の身体の血流を測りに行った。(電子顕微鏡で薬指を見ます)前回より血行がよくなっているようだ。自覚もある(無駄に疲れなくなってきた)。でも、もう少し血流の速度が速い方が良いらしい。
ついでに薬剤師さんと雑談(薬局で測ったのです)。いつもザックを持っているので不思議に思われたらしく、

『お仕事、何をされているんですか?』 と聞かれた。

「氷河の研究をしています」 と言ってみた。(こういうとき、どこまで個人情報を提供すべきかちょっと考える。)

『南極に行ったことあります?』 とのこと。 (よく聞かれます。)

「ないです。私はヨーロッパなどの小さな氷河だけです」 と言ってみたら

『氷河の上に降りるの?』 (上に立つってことか?) と言われ、
『そういうところにいると俗世間のことなど気にならないでしょう』 とのこと。 (何と答えてよいものか)

それから、『動物の研究なんかで長い間調査に行っている人がいるけれど(彼女の中では動物学者がヒットしているらしい)、ああいうお金はどこからでているの?』と聞かれた。個別のケースについては分からないけど、たぶん科研費か助成金なんでしょう。

『これからもこのお仕事続けるの?』

「どうですかねぇ。需要がないので」 と言うと

『そういう研究はとても重要だとおもうけれど』 (そう言ってもらえてありがたいです。)

と言うわけで、中途半端にアウトリーチ(?)。



その後、夕食時に偶然Oさんに会う。ジムに行くと言ったら「海外の大学にはジムがあり、研究者はマッチョが多い」とのこと。大学にジムがあったら便利だな。今日はコアヒーリングをやってみました。


そういえば、北大総博の恐竜展は明日までだ。まだ行ってなかった~。
秋から総博のボランティアも再開しようかと思っていたが、この調子では無理そう(-_-;)
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-25 22:54 | outreach

どうしたものか

最近悩んでいることの一つ
学会が男女共同参画学協会連絡会に入った方がいいのかどうか。

これに入ってのメリットというのはあるのだろうか?
もちろん、今後の社会のことを考えると、こういう活動も必要だと思う。でも、すごく大変な割りに、得るものが少ないような気がする。

これ(男女共同参画学協会連絡会)に参加するには学会側に費用や人手の余裕が必要そうだ。大きい学会ならいいけど、小さい学会はちょっと大変。(オブザーバーという参加の仕方もある)

それから、こちら(学会内)の問題もある。「これ(男女共同参画学協会連絡会)に入ろう!」と呼びかけても受け入れてもらえるかどうか。。。まあ、今のところ明らかな敵もいないし、私も失うものはないから、ダメモトでやってみてもいいんだけれど。。。

たぶん、こうした活動のもっとも基本的な目的の一つに「知ってもらう」ということがあると思う。とにかくこういうことがある!ってことを知られないと、その先の議論にすら進まない。
よし、とりあえず、打診してみよう。



e0062098_20594045.jpg
PS.
うちの大家さんがいるときは、いつも花を飾ってくれている。今日はこれ。
真ん中に青い金魚がいるよ。
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-24 18:16 | gender

テレビにうなずいたり、首を傾げたり

昨日の夜のニュース番組の特集で「少子化」を扱っていた。3夜連続特集だそうで、昨日は”なぜ結婚しないのか”について。

女性側、男性側について取材し、インタビューし・・という構成だ。いちいちウンウンうなずいてしまった、「そうなんだよ~」なんていいながら(←誰かに見られていたらへんな人?)。

この番組はある一定の角度からのみ見ているのだと思うが、それでも世の中の実態をあらわにしてはいると思う。結局、女性と男性の価値観や、求めるものが違っているから折り合いがつかない、という結論だった。
私には、30歳くらいの男性が話していたことが特に印象的で、「家庭的な女性が好き。妻には家にいてほしい。家に帰ったときに誰かにいてほしい」だと。(うんうん、こういうこと言われたことあるよ~) それから、コメンテーターの「男性は女性に母親的なものを求めている」との言葉。つまりマザコンか。(経験的にもナットクです。)いやいや全員じゃないんだけど、確かにこういうヒト多いよね。


前の話と関係ないけれど、CoSTEP関連の科学教室を扱った北海道ローカル番組「けいざいナビ」の再放送を(録画して)見た。
つくづく、テレビって編集できていいなあ・・と思う。
低温研での「雪の結晶作り」を扱っていた。いかにも研究の一部を子どもが体験するように言われていたけど、正確には、あれは研究ではないよね。まあ、それはいいのか。
それから、(番組の)企画の焦点がぼんやりしていた気がする。まあ、いろいろな人の、いろいろの思惑があるから仕方ないのだけれど。。。
[PR]
by cony_keyco | 2006-08-23 22:18 | general