excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

<   2007年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今年の雪形ウォッチングが終わってしまったー

国際雪形研究会による第13回雪形ウォッチング
(と書くと仰々しい・・・)

アサヒ・コムの記事で紹介されたらしい

http://www.asahi.com/komimi/TKY200705230170.html

世話人のコメント:
ご覧ください。怪しいですよ!
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-31 18:25 | outreach

最近の北大総博

北海道大学総合博物館にて開催される面白そうなイベントをピックアップしてみました。


6月9日(土)
-土曜市民セミナー-
オラフ・カートハウス(千歳科学技術大学・教授)
「光のエネルギーでできること(2)」


2007年7月1日~9月17日
「ファーブル展」
北大総合博物館など全国の5つの博物館で



------
追記
総合博物館ではないけど、面白そうなイベントがあったので転載します。

/././././././././././././././././.

キャンドルナイト 2007 ・ Bossa Nova Live in 石蔵 (パタゴニア札幌)

今年のキャンドルナイトは石蔵でボサノヴァにひたる夜。キャンドルの灯りとCool & Warmなライブをお楽しみください。当日はeyes cafeも出店。マイカップをご持参ください。

[日時] 6月22日(金) 19:30~21:00
[演奏] Bossa Lab Ret
【演奏者プロフィール】 
● ボーカル: 佳代 氏(Kayo)  
蘭越在住、ボサノヴァのデュエット「Lab Ret」のボーカル。
● サックス: 上北 裕也 氏(Hiroya Uekita)
札幌在住、アマチュアながらCool&Warmな音を奏でる札幌でも数少ないボサノヴァ奏者。「なまら」よいですよ。
● ギター: 深町 計彦 氏(Kazuhiko Fukamachi)
蘭越在住、ボサノヴァのデュエット「Lab Ret」のギター担当。
テレマークスキー&パタゴニア暦23年、Powder Snowを滑りつづけ23年。[Powder]によく似た音楽[BossaNova]をこよなく愛している。現在ニセコのホテル「甘露の森」他にて演奏中。
[定員] 50名、無料、要予約
[主催、問い合わせ先] パタゴニア札幌(tel 011-208-5880)
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-31 18:24 | event

分籍

最近は電車に乗る機会が多いので、yomyomという本を持ち歩くようにしていた。この本はいまのところvol1 と2の 2冊が出版されている。小説がたくさん詰まった雑誌という感じかしら。

”2”の中にあった小説のひとつに、こんな話があった。
---
主人公が前科がある30代女性。服役して出てきて1-2年(?)たったところ。家族からは勘当され、連絡がつかない。ある時、弟が主人公の家にやってきた。要件は、弟の結婚に際して。
弟は仕事上重要な取引があるところの人と結婚する。先方に前科もちの姉がいることを知られたくない。これまでは連絡もとらずに、彼が一人っ子ということで通してきた。結婚する際に戸籍から明らかになると困るので、抜けてほしいとのこと。その際、分籍という制度があり、戸籍を分けるという方法があり、それを使うということだった。

主人公はどうしても戸籍から外れたくないと言う。連絡がとれないのは今までと同じなのだが、「家族と同じ戸籍ではなくなる」ということが、「家族でなくなる」ということのように感じられたのだろうか?
結局、彼女の言い分はどうしても通らず、否応なしに分籍の手続きが進む。戸籍がちがっても、「血のつながりは消えないんだよね」、とか、「小さい頃の思い出を両親は覚えてくれているのだろうか」と彼女は思いつめる。
---


私は彼女の感情がまったく理解できなかった。戸籍がそんなに重要だとはとても思えなかったからなのだ。彼女はどうして、そんなにも戸籍に執着するのか?関係を拒絶され、会ってもくれないことの方がよっぽど悲しいではないか?

そう考えているうちに、もしかして・・と思うことがあった。それはマリッジブルー。「家族との関係性が今まで通り築けなくなるということ = マリッジブルー」 なのではないか?
結婚している友達に聞いてみた。すると、あっさり「そうだよ」とのこと。原因が分かっていてもなるものなのか?、と疑問に思っていると体験談を聞くことができた。彼女の場合、「嫁に行く」という形になるので、自分の親から、「結婚したら相手の家の者になるから好き勝手に意見できない」、というようなことを言われたらしい。(えー?!ぢゃないですか???) それなら、婿に行った人の場合はどうなんだろう?サンプル募集中です。
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-30 18:40 | general

鉄道博物館

10月にオープンする 鉄道博物館 でスタッフを募集しているらしいです。
就職情報サイト(たとえばここ)などに、いくつか情報が載っています。




ちょっと違いますが
小田急電鉄でも求人があるそうです。
---> 求人サイト
---> 就職情報サイト



今はいろいろ選択肢があっていいねぇ。。。
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-30 17:30 | general

ランチ

e0062098_1222716.jpg

今日のランチはフレンチ?
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-30 12:22

5月のペンギンカフェおわりました

5月のペンギンカフェがおわりました。
「来ていただいたみなさん、ゲストのyhrさん、コメンテータkwさん、司会sさん、ペンギンカフェのみなさん、とうもありがとうございました。ペンギンカフェとしては2ヶ月ぶりで、久しぶりのような気がします。とても楽しかったですね。また札幌訪問したいです。今後ともよろしくお願いします」とvoltaireくんが言っていました。


voltaireくんお世話係り(?)の私としても、とても楽しめました。
今回はとてもたくさんの方にお越しいただきました。ペンギンカフェにとっては初めての会場を使い、人数のわりにちょっとせまかったでしょうか。ご不便をおかけしました。
みなさんの様子をみていたら、いつにも増してとても楽しんでおられた方が多かったように見受けられましたので、よかったです。サイエンスカフェを、もっと多くの方に知ってもらえたらと思います。


私自身、今回はサイエンスカフェを見直す良い機会となりました。今回はsueさん、salsaさん、M姫さまなどを中心に札幌の方々がすべて取り仕切ってくださったので、ちょっと客観的に見ることができました。(といってもちょっと違う見方をしてしまいますが。。。)
思ったことは・・・
・まだまだ改善すべきことはある・・・とか以前と同じようなことだったりします。。。orz
・でも今回の新しい取り組み(ペンギンカフェは常に進化しているのです)がどのような効果を生んだかということは分かったと思います。
・いまだ、お客さんはどういう動機で来てくれたんだろう?ってことがよく分からなかったりします。
・そして、お客さんは言いたいことが言えたのか?聞きたいことが聞けたのか?とか、内容は十分だったのだろうか?などということが気になります。

 アンケートに答えていただいたので、それを見て考えたいですが、きっとほかにご意見があるでしょうから、思ったことを聞かせていただけるとうれしいです。




今日のこのブログのエントリーはちょっと違う志向になっちゃったな・・・






-------------------
追記 ペンギンカフェ関連の記事
F間さん
Salsaさん
Stochinaiさん
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-27 23:51 | outreach

ペンギンカフェ

e0062098_128367.jpg

今日はペンギンカフェです!
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-26 12:08

化学は苦手なの~

今日は北極に関するセミナーに出てみた。
時間がなくて最後まで聞けなかった。。。。。orz

スピーカーの一人はS機構の方で、炭素循環について話されていたんだけど、いきなりCaCO3 とか H+ とか CO3(-) とか書かれたスライドがでてきた。 - -;
懐かしすぎる~私は化学が苦手なので避けて通ってきた道なのだ。。。

海を議論するときに物質循環の話はたびたびされる。(いや海に限らず)
最近は栄養塩(NとかPとかFeとか?)の話が多い。けれど、phとか海の生物(貝とか)の生存環境とかの話しになるとC(炭素)もかなり重要らしい。うん、聞いたことはあったけど。

今回の話は、北極海に流れ込むCの起源とか影響とか、最先端の科学というよりはレビューというか概要説明のような話だった。アメリカ大陸から北極海に流入する水はglacier milk(?)とか、ロシア側から河川を介して流入するのは有機物たっぷりとかいう話もちょっと出た。

話の中で、スピーカーが、break throughに結びつくような研究をしてほしい、というメッセージを発していた。それには「どうして?」とか「このつながりは?」というような根本的な問題に目を向ける必要があるんだろう。研究は、ともすると、その周辺で終わりがちだなと思った。すべてを網羅して分かりやすくしないとnatureとかプレスリリースには難しいのだろうけど、、、。
うん、やっぱそういうところまで結びつけたいね。

彼は生物や化学的過程も考えて研究していくように!という熱いメッセージを発していた。私は自分の研究と炭素循環を切り離して考えていたけど、こういう解説をしてくれるとぐっと近くなった気がして いひ!
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-25 18:00 | science

襲われた事件

お昼時、ボスが「昨日帰り道に襲われた」と言った。

?!
おやじ狩り(←もう最近はないのか?)か?
と思い、話しているうちに、襲ったのはカラスだということが判明。。。。orz
聞いていたSGさんも「あ、カラスですか。。。」という反応^_^;

実は私も昨日、カラスに襲われた。そいういうシーズンなのだろうか?北大のときはしばしば襲われたのだが、、、ここでもか。。。

ところで人間に襲われることはないのか、と思い、聞いてみたら、やはり2年前に殺人事件(?)があった。これは以前から噂できいていたのだが、何もなくても、何か起こりそうな場所であることには違いない。


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

今週土曜日はペンギンカフェですね。
(気がつけば明後日!!!)
お申し込みでない方はお早めに~


楽しみにしすぎて夜も眠れぬ今日この頃です(*^_^*)
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-24 19:05 | general

学会4日目+α

まず一言
「疲れた~.orz」
学会というのは非常に疲れるものだ。なんだかな~。

今日は朝から研究関係のセッションがあったので、朝7時に家を出た。非常に眠かった(ρ.-)
朝は女性専用車に乗ってみた。やや空いている気がする。快適(^_^)v

午前中に参加したセッション:雪氷学関連以外に「地球惑星科学の今後の展望」みたいな名前のに行ってみた。学部の時に習った(というより指導教官だったのか?)先生が地形学の解説をしていた。懐かしい~。初めて地形学の世界を知った時の感覚(というとおおげさ?)がよみがえった。
やっぱ地理学は特殊な気がする。でもこういう学問も必要だと今さらながら思う。人間活動と密接に関連している自然科学なんじゃないかなぁ。

SさんとKNさんとお昼食べて、午後は会議に行った。
(関係ないがKNさんは非常に女子度高い!すばらしい~)
会議は3時間も続いた。私は1時間遅れて行ったから合計4時間てことか。信じられん。ここだけの話、かなり眠かった(ρ.-)

夕方は会議の打ち上げ(?)があり、その後は友人の家に寄り、もう今は訳分から~ん。一日の活動時間長すぎ!今日も充実しすぎ!



---
今週末はペンギンカフェです。
お申し込みは木曜日まで。
---
[PR]
by cony_keyco | 2007-05-22 23:24