excitemusic

地球科学の研究をしながら普及についても考えています。育児も。
by cony_keyco
ICELANDia
最新のコメント
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
働く女性のマタニティマガ..
from M姫の創り方
anaクラウンプラザホテ..
from 末っ子の取扱説明書
cony eye

<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

newフィールドグッズ

今回は靴を新調しました~
軽くてよい。しかも安かった。サイズが2つしか残っていなかったという理由だそう。
「シンデレラ状態ですよー」と店の人は言っていた。
登山靴にシンデレラって言うのはどうだ・・・(^^;)
e0062098_2246173.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2011-08-29 22:48 | fieldwork | Comments(0)

ウランバートルの街

街に行ってみた。
スフバートル広場という大きな広場があり、チンギスハーンの大きな銅像がある。
今日はそこで結婚式の写真を撮っている人がいた。
e0062098_22304246.jpg

このサイズ
e0062098_22304453.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2011-08-28 22:30 | fieldwork | Comments(0)

1年ぶりモンゴル

夕方、ウランバートルについた。ちょっと涼しい。機内では、到着地26℃とのアナウンスがあった。
e0062098_1192178.jpg



空港からタクシーでホテルに向かう。出口に客引きタクシーがいるので、値切る。
そのドライバーは25,000T(10T=1円程度)と言ってきた。高すぎる。こっちは15,000Tと言った。ドライバーは、物価がが上がってるからと言ってきた。じゃあいい、、、とほかのドライバーを探すが、どれがタクシーだが分からない。。。あちらも他の客を探すのが難しいと見えて、再度交渉してきた。結局18,000T で決着。不本意だが、値切ったので良いとするか。
成田ーUB便だったので、日本人客がとても多いが、みんなバスで移動している模様。


ホテルについて、いそいでスーパーに行く。夜暗くなると、さすがに一人で出歩くのは危険という話。
ホテル周辺も少し変わった。信号が時差式になり、交通量が多くなった。近くで工事中だった建物がほぼ完成した。単なる盛り土だった路肩がブロックで整備された。
韓国資本のスーパーに行くと、高いものがたくさん売られている。お金持ちがくるんだな。タオルを買おうと思ったら、1枚500円とか。。。無理orz もう少し探していると子ども用で150円くらいのものがあった。
お惣菜とか水とか買って急いで戻る。


食事の後は風呂。このホテルは日本資本ということもあって、日本式の大浴場がある。
しかし使う人は主にモンゴル人なので、使い勝手が悪い。たとえば、脱衣所の足ふきがない。脱衣所にスリッパで入る人がいる。風呂場にビーサンで入る人がいる。この辺が不満だが、アウェイなので気にしないことにする。この日は初めて西洋人を見た。水着を着た黒人の人だった。そういえば西洋人にとっては裸で入る場所はあまりないよね。北欧のサウナをちょっと思い出す。

夜になって外がうるさいなと思ったら、花火が上がってた。街の中心地、スフバートル広場のあたりだ。今日は何の日だっけ?
e0062098_117870.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2011-08-27 23:40 | fieldwork | Comments(0)

行ってきます

e0062098_1305943.jpg

いつものモンゴルです(^_^;)
成田空港にて、いきなりアナウンスで呼ばれた〜(^o^;)
電池が問題だったみたいだけど、証明書があり、機内に載せて良いタイプであることが分かったのでクリアー(^O^)v
この先また何かあるかもしれないけど…
いってきまーす('-^*)/
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-27 13:00 | fieldwork | Comments(0)

鬼気迫る勢いで

明日は「くんくんしーらや」でライブがあるそうですが、
明後日の準備が終わらないので行けません。。。orz すいません。

くんくんしーらや
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-25 23:39 | fieldwork | Comments(0)

ウラジオストック

ウラジオストックでは、かなりの待ち時間があったので街に行ってみた。

空港から町へいくには、バスにのる。一日6~7本というところか、おそらく飛行機の到着時間に合わせているのだろう。片道60Rub、往復チケットもあったようだ。
工事中ということもあって、44㎞の道のりが2時間かかった。
道路をハイウェイのようにきれいにしていて、ところどころに陸橋があるのが印象的だな。
e0062098_13305315.jpg


教会もちょこっと見られたけど、工事中。。。
e0062098_132628.jpg

昔ながらの広場
e0062098_1326415.jpg

ロシアっぽい建物。ものすごいでかい!!歩いているおじさんが小さく見える。
e0062098_1329027.jpg


More
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-23 23:39 | fieldwork | Comments(0)

トークイベントに行ってみる

遠藤さんという東大のきょうじゅが、「東大夢教授」という本を出版し、新宿のジュンク堂書店でトークイベントがあるというので、行ってみた001.gif

e0062098_1603982.jpg

遠藤さんは獣医師でもあり、動物の研究者でもあるそうなのだが、私は、博物館の研究者だと思っていた。というのは、5~6年前に札幌であった国際学会で遠藤さんの基調講演のようなものを聞く機会があり、その時の遠藤さんの所属が科博だったから。しかし、気が付くと彼は京大に移っており、今回の出版で東大に移ったことを知った。

夫が遠藤さんを知っているというので、それでは行ってみようということになったわけ041.gifだが、なぜか私が本を買い、夫が先に読んで、二人でトークイベントに行くというのは、なんだか不公平な気がするが、話のポイントはそこではない。


トークイベントはジュンク堂書店のカフェで行われ、定員40名、予約制だった。
ジュンク堂では毎週のようにトークイベントが行われているらしく、それも、新しく出版された本に関係している。

今回の参加者は、遠藤さんのお知り合いが多かったようだけど、ラジオのニッポン放送アナウンサー上柳さんとの掛け合いということで、だれでも聞いて楽しめるような内容になっていた。いや、だれでもというより、本を買う程度のファンならば、、という条件付かも。

聞き手のアナウンサー上柳さんとは長い付き合いというだけあって、やととりがどんどん進む。いや、上柳さんがうまいんだと思うんだけど。。。
話は脈絡なく進んでいるようで、予定通りの進行だったようだ。本の*章に+++ということが書いている、というエピソードに基づく掛け合いだった。

遠藤さんの話で「うんうん」とうなづいたところは、上柳さんが「**って、++ですけど、どうなんですか?」という質問に対して、遠藤さんが「う~ん、**って、++なんでしょうか?違うんじゃないかな~」という会話。わたしも以前取材などを受けた時にそういう答えを返してしまったことがある(そういう答え方で良かったのかなと思ったので)。ちょっとおかしいけど、そこは疑問を呈さずにはいられないよねーって思う。

逆に「へ~~~っ」って思ったところは、動物の研究をしている遠藤さんは、調査に行く際にターゲットをあまり絞らないらしいってところ。物理系とは違うのか~、、、っていうか、自分、物理系だったのかと実感(^^;)
面白いものを見つけたら見逃さないようにするとか、そもそも何が面白いのか考えるっていうところは同じなんだけど、やはり狙ったものをとりに行ってしまうし、ひとつの方向へ研究をまとめようとしてしまう。でも、遠藤さんのパンダの研究も、ハリネズミの研究もそうではないようだ。


『東大夢教授』 遠藤秀紀
リトルモアブックス



夫の手に渡って以来読んでないけど、そろそろ手にしてみよう。

おまけ[#IMAGE|S41#]
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-22 12:34 | general | Comments(2)

おうちで飲み会

お知り合いになったご近所さんのお宅を夫と一緒に訪問。
この日は、夫の昔の友人がご夫婦で来日されていて、その方々のご紹介。

なんと音楽家一家で、金管と弦 という組み合わせのふた組。
さらに、そのご友人の鍵盤系の方もいらっしゃり、アウェーな感じを楽しむ。

話はこちらに気を遣っていただいたのか、あまり苦労しなかったけど、圧倒的に曲の話にはついていけず・・・orz
ビデオなんかも見せていただいたけど、昔の(といってもビデオがあるくらいの昔、、、いつなんだろ?)オーケストラは男性ばかりだったというトリビアが一番の驚き、、、
ってな具合で、あまりついていけてません。すいません。

こちらも観測の写真なんか持って行ったけど、あまり選んでおらず、見せる写真という感じでない、、、orz
次は準備していかないとっ021.gif
[PR]
by cony_keyco | 2011-08-21 23:58 | food | Comments(0)

ヤクーツクでみたもの

ヤクーツクはレナ川という北極海につながっている大きな川のほとりにある。
e0062098_12343758.jpg



こういう風景を見ていると、まるで、ものすごく良いところに来たようだ。
e0062098_12113687.jpg


ホテルの目の前に河のような三日月湖があり、吊り橋のような橋をわたる。なぜか波打っている。
e0062098_12114168.jpg


バスで凍土研へ行く。運賃は16Rubだった(1Rub=3.5円くらい)
e0062098_12113182.jpg

この町の人は、結婚式の日にマンモスの前で、写真をとるらし。結婚式として良い日は木曜日、金曜日だそう。

凍土研と言えば、NHKのロシア語講座にもでていた凍土の中の地下室が有名(?)であるので
見学してみた。
これまで入った人の息が凍ったのか、壁一面に霜がついている。
e0062098_12121273.jpg

マンモスの歯や牙が展示されている。
e0062098_12114496.jpg

凍土の中からでてきたマンモスの赤ちゃんのミイラも展示されていた。
e0062098_12113453.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2011-08-20 12:11 | fieldwork | Comments(0)

半ば

帰国しました...orz
e0062098_14563847.jpg

[PR]
by cony_keyco | 2011-08-14 14:55 | fieldwork | Comments(0)